ふしぎなくすり

『ふしぎなくすり』(岡本忠成、1965年、15分、16ミリ、日本)

技法:立体(人形)
原作 星新一 「盗んだ書類」
制作・脚本:村治夫 
演出・アニメーション:岡本忠成
アニメーション:園哲太郎、マガリ(真賀里)文子
人形:田畑精一、保坂純子
音楽:真鍋理一郎
撮影:吉岡謙
照明:野村隆三
装置:三五了、斉藤美喜雄、斉藤堅

毎日映画コンクール大藤野信郎賞
教育映画祭教育映画部門最高賞
東京都教育映画コンクール銀賞


Wikiショート レビュー:
アール博士が発明した新しい薬、ドロンとその子分が研究所に忍び込んで盗んでみると・・・。50〜60年代モダンな雰囲気を感じさせるキャラクター・デザインや美術などが秀逸で、星新一の軽妙な作風とも、とてもよく合っているように思われる。衣装や小道具のひとつひとつまで様々な工夫が凝らして作られてあり、SF作品として、制作された当時から多くの子供たちに、想像力や科学に対する好奇心などをかき立ててきたのではないかということをも伺わせる。(2009/08/18広安)

  • 最終更新:2009-08-19 00:46:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード