政岡憲三

政岡憲三 Kenzo Masaoka(1898-1988、日本)

履歴:
代表作に『くもとちゅうりっぷ』(1943年)。手塚治虫が絶賛した『桃太郎 海の神兵』(1945年)にも影絵担当として関わる。アニメーションの訳語である「動画」の命名者であり、日本アニメーション界にセルを導入した人物でもある。日本初のトーキーアニメーション映画『力と女の世の中』を制作し、日本のアニメーション黎明期において多大な貢献をしたことから日本のアニメーションの父と呼ばれる。
1898年10月5日 大阪に生まれる。
1917年 京都市立美術工芸学校卒業。黒田清輝の元で学ぶ。
1925年 マキノプロダクションに入社。
1932年 政岡映画美術研究所設立。松竹と提携して『力と女の世の中』(日本初のトーキーアニメーション映画)を制作。
1935年 映画会社JOで、円谷英二と組んで人形アニメ『かぐや姫』を製作。
1937年 日本動画研究所設立。
1941年 松竹動画研究所に製作課長として招かれる。
1947年 日本動画株式会社(現:東映アニメーション)を設立。オペレッタ形式の児童向け映画『すて猫トラちゃん』を発表。(絵本版の挿絵を描いたのは鷺巣富雄)
1949年 トラちゃんシリーズ『トラちゃんのカンカン虫』を製作。視力を害しアニメーションの製作からこの作品を持って引退。児童雑誌に挿絵を執筆するようになる。
1964年 このころ、ピープロに社員所属。
1966年 ピープロの実写特撮番組『マグマ大使』でアニメーション作画を担当。
1988年11月23日 没

フィルモグラフィー:
1927 貝の宮殿(正岡どんべい名義での作品)
1927 海の宮殿
1931 難船ス物語 第一篇・猿ケ島
1931 難船ス物語 第二篇・海賊船
1931 馬鹿八と城主様
1934 三羽烏
1934 西遊記
1934 ギャングと踊り子
1934 あだうちカラス
1934 茶釜音頭(サイレント版/トーキー版)
1935 森の妖精
1935 ターちゃんの海底旅行
1935 ターちゃんの怪物退治
1935 かぐや姫(人形アニメーション。演出・撮影:円谷英二)
1936 雀のお宿(脚本のみ、作画・演出:熊川正雄)
1936 新猿蟹合戦(作画・演出:熊川正雄)
1938 やっこのタコ平
1939 新・猿蟹合戦
1939 にゃんの浦島
1939 べんけい対ウシワカ
1942 フクちゃんの奇襲
1947 すて猫トラちゃん
1948 トラちゃんと花嫁
1950 トラちゃんのカンカン虫

DVD情報:
『くもとちゅうりっぷ---政岡憲三作品集---』(アニドウ)http://www.anido.com/html-j/DVDmasa-j.html

  • 最終更新:2009-06-13 15:38:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード