道成寺

『道成寺』(川本喜八郎、1976、19分、35mm、日本)

脚本、演出、人形、アニメーション:川本喜八郎
人形:若佐ひろみ、高橋佳代子
アニメーション:尾崎良、峰岸裕和、大向とき子
エフェクト・アニメーション:秦泉寺博、小前隆、徳山正美、槙坂千鶴子
音楽:松村禎三
題字:後藤英夫
美術:壬生露彦、中川涼
撮影:田村実
録音:甲藤勇
効果:高橋巖
編集:相澤尚子
現像:東洋現像所
協力:吉田悌三、瀬古澤静、滝口明子、浅海三和子、穂坂かほる、斉藤堅、丸岡征也、川端糺征、エコースタジオ

DVD情報:「川本喜八郎作品集」収録


Wiki ショートレビュー: 古来からの伝説「安珍と清姫」を下敷きにし、能、長唄、歌舞伎などで上演されている物語。仮宿として滞在した若い僧侶に懸想し関係をせまる女性。しかし彼に拒否され、嘆きのあまり鬼と化し、逃げた彼を追跡する果てに、道成寺の鐘に逃げ込んだ彼を白竜の姿となって、焼き尽くすのだった。あまりにも悲しい女の愁嘆を表現する人形の動きが秀逸。 (2009/07/21 須川亜紀子)

  • 最終更新:2009-07-21 16:06:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード